ひね鶏

a0258686_827421.jpg

いつもは寄らない小さなスーパーに寄ってみた。
厳密には家から一番近い(徒歩50歩程の)スーパー

すると、ひね鶏発見!

ひね鶏というのは古いニワトリ・・・いわゆる玉子を産まなくなった廃鶏です。
親鶏ともいうみたい。
昔は、近所の鶏肉専門店で1キロ1,000円で売られていたのを時たま買って鶏鍋にしたりしていました。

これが、噛みごたえがあってコクのあるダシと油が出てサイコーに美味しくて鴨鍋以上だと思っていたのですが、
いつのまにかその鶏肉専門店がなくなってしまい、それ以来10年は食べていない。

ひね鶏は肉に味があり色も赤く、噛み切れないほどの硬さだがとっても美味しい。
それをフライパンで皮をカリッカリにやいてみました。

息子は食べないかな~と思いましたが、大層気に入ったようで「うまい!うまい!」と言いながら食べていました。
(この人絶対酒飲みになるな・・・)

ただ、余りにも肉質が硬いのでキッチンバサミで小さくカットしながら食べました。

a0258686_828349.jpg

あとは、私の好きな大根と春雨のスープ
本当は春寒鍋という鍋料理ですが、私の中ではスープに分類されています。

これは大根に春雨、豚バラのみ(ニンニクやショウガも入れたりするが家では入れない)
味付けは酒、しょうゆ、白だしに大量の味の素(うちでは「いの一番」)

うちで唯一化学調味料を大量に使う料理です。
でも、最初にこの作り方で覚えたので外すことはできません。
a0258686_8282474.jpg

仕上げにこれまた大量の山椒を振って頂きます。
(ホントは入れませんが、私の好みです)

なんだか無償に大根が食べたかったので、美味しい♪
a0258686_8284569.jpg


そしてひね鶏だとおかずにならないと思ったので、息子にはちらし寿司

だけどひね鶏と春雨に夢中になった息子はお腹がいっぱいになり、あまり食べず。
残った分はおにぎりにして明日の私のお弁当に。

     +     +     +

今回、ひね鶏を2枚焼きましたが、おばあちゃん鶏のせいか普通の若鶏もも肉の1/2サイズ程でした。
鶏も年を取ると小さくなるんですね(笑)

今日も同じスーパーに行ってみようっと!(ひね鶏は、そうそう販売していないから)
で、まだ売っていたら鶏の水炊きをしようと思う。



ポチッとクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
[PR]
by sobubu | 2013-05-29 11:22 | うちごはん | Comments(0)