チャーハンにレモン

a0258686_7461334.jpg

会社に出勤するとチョコレートや地方の銘菓等が机に置かれていることがある。
特に月曜日、はたまたお盆明けや正月明けなどは「おぉ~全国津々浦々やないの~」という感じ。

そんなきのう。
机の上に高級そうなチョコレート、上品な包装紙に包まれた石鹸、そしてROYCE'のチョコが。
隣の人に「コレ誰からですか?」と聞くと、前者2つは新婚旅行からお戻りになった方からとのこと。
続いて「その石鹸、○○さんがホワイトチョコと間違えて食べてしまった」とのこと。

まー、男性だと女子的なミニサイズの石鹸の包装紙なんぞ見てもわからんか・・・


と、こんな話をしていて思い出したのが私の母方のおばあちゃん。
小さな頃に亡くなったのであ まり記憶にないのだが、2つだけ鮮烈に覚えていることがある。

一つ目は家でお絵かきをしていた時に絵具をゆすぐ為に牛乳瓶を使っていました。
祖母はいきなり、その牛乳瓶を手に取ると一気にゴクゴク飲みほしてしまったのだ。

たまたま色はコーヒー色になっていたので見た目はコーヒー牛乳そのもの。
でも味は全く別物なのに、一瞬変な顔をしてはいたものの特にリアクションはなし。

私は唖然とし、祖母に「それ、絵具をゆすいだ水」と伝えると「えっ、そう?」と言われただけだった。

小さな私は「そんなアホな」と心底思ったが、それ以上会話が広がることも無く、
無言のまま私は水を入れ直し黙々と絵を描き、祖母は乾いた洗濯物なんぞをたたんでいた。

夏の ある日のワンシーンである。

味がおかしいことに気づかないのもすごいツワモノだが、そもそもコーヒー牛乳だったとしても
子供の前に置かれたものを何も言わずに勝手に飲むか?

それともう一つ
母の実家に泊まりに行っていた時、お風呂から上がり数分後にお風呂場が大騒ぎになっていた。
どうも、湯船にう○こが浮いていたらしいのだが、その前に入っていたのは私と祖母の2人
もちろん疑いの目は私へ
結局、私は冤罪を晴らそうと泣いて訴えたが、聞き入れてもらえず・・・
その時の祖母はというと、能面のような素の表情のまま我関せず何の言葉も発しなかった。
あの時のしらじらしい顔は(顔は忘れた。。。表情)は今でも忘れません。
今思えば 、そうとう変わったおばあだったな。
この2つから、私は祖母を慕った記憶はゼロである。
そんなこんなで
石鹸をチョコレートと間違えて食べてしまった話から、何十年振りかに祖母のことを思い出した次第です。


この日はチャーハン

私はキャベツがたっぷり添えられたとんかつを食べる気満々で豚ロースまで買っていたのに
息子に「レモンたっぷり絞ったチャーハンがいい!」とのリクエストでさっくりチャーハンに変更。

ここでは何度か書きましたが、息子が小さい頃よくフライパンパエリアを作っていたのだが
その際レモンをジュージュー絞っていたので、奴はチャーハンでも焼き飯でもなんでもレモンなのだ。

彼にとってはレモンを絞って初めて完成した味になるらしい。
(食育とは恐ろしいものよのぉ・・・・)

一応、トマトやブロッコリーも添えてあげた。

a0258686_7592285.jpg

そして、サーモンの残りとベビーリーフのサラダ
サラダといってもわさび、しょうゆ、レモンを混ぜたタレを回しかけて食べたのでほぼ和食だな。

ここにオリーブオイルなんぞを足せばわさびドレッシングになるのですが、
サーモンが脂ぎっているのでこれでよい。

a0258686_7594364.jpg


ごちそうさま。

ポチッとクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by きょこ at 2014-11-21 14:03 x
ウケるー(><)
子供の目の前の牛乳を無言で飲み干すおばぁさん、かっこいいです、笑。

ウチも昔、姉が ひき肉と間違えてスポンジのかけらを食べたことがありました。
まわりは「スポンジだ」と阻止したのに、食い意地の張っていた姉は、聞かずに食べました。

そして私は最近、飲食店でお茶だと思って飲んでいたものが、友人に「それ、水だよ」と言われ、驚きました。
陶器のグラスに入っていたので色が確認できなかったわけですが、
よく、「目隠しして食べると何かわからない」と言いますが(?)本当だな~と思いました。(私だけかもwww)
Commented by ももぶぅ at 2014-11-21 18:03 x
初めまして。
ちょこちょこ拝見させていただいてます。
うちの祖母を思い出しました。
母曰く 昔あったママレモンという真っ黄色な台所洗剤を希釈するため原液を牛乳瓶に入れて除けておいたら フルーツ牛乳だと思い 一口ごくっと飲んだらしいです。速攻で駆け込み寺だったみたいで・・・。
がしかし・・・生命力が強く 96歳まで生きました。
by sobubu | 2014-11-21 10:52 | うちごはん | Comments(2)