定番の明太子パスタ


夕食の準備(特にコメを洗って、水に浸け炊く作業)が面倒な時はパスタ。
もちろんパスタが好きな理由もあるが、ソースさえ作ればいいので簡単だ。

特にトマトベースにすると野菜も摂れて一石二丁だし。
息子に今日はパスタでいい?というと、「あぁ、うん別にいいよ」と特に反対もされることはない。

そんな昨日も面倒な日だったので明太子パスタ。
a0258686_7144881.jpg


このパスタは一応和風ということもあり、ネギや海苔、紫蘇なんかをトッピングして食べます。
そこそこのたらこの時はレモンを絞ってもいいが、安物のたらこだとレモンを絞った途端に苦みが前面に出ます。

なぜかは理由は知らないが体験上の話。

そして時にはお刺身用のイカをトッピン グしたり、いくらを乗せたり、財布の紐が緩んだ際はウニを乗せたりとアレンジ自在です。

といいつつ何も無けりゃ何も乗せなくても、はたまたネギと海苔さえのせればちょっとは見栄えもしますね。
昨日は後者で。

a0258686_7153983.jpg



<作り方>

たらこ 大匙2~3
パスタ 200g
バター 大匙2~3
昆布茶 2杯
パスタの茹で汁か牛乳を大匙2~3
※気分によってはマヨネーズを入れることも。

1 パスタをゆでる(たらこの時は指定時間通りまできっちり茹でます)
2 パスタ以外の材料をボウルに入れて混ぜておく
3 茹であがったパスタを2のボウルに入れて混ぜ る

以上!

このパスタのコツは、そこそこのたらこか明太子を使うべし。うちでは明太子の「あごおとし」が最強。
まずくなんて作れません。

※最近は近所の魚屋さんで買うことが多くなり「あごおとし」からは遠のいていますが、このたらこもそこそこ良い。
※たらこの皮が嫌いな人以外は取らずに混ぜましょう。お店じゃないんだからそれでいいのだ!


そして、今年最強の凶器と化したオイルサーディン

テレビで見て、つい食べたくなり焼き網の上に缶詰を乗せて火をつけた(いつもこうしている)
すると数分後、バチッと言う音と共に鰯が飛んだ!油をまき散らしながら・・・・。

私の頭からTシャツまで油まみれに。
また温度はそれほど上 がっていた訳ではないので火傷は免れたけど。

仕方ないのでコンロの脇に逃げた鰯を元に戻して、玉ねぎのスライスで蓋をするようにして再度火をつけた。

数分後の図

a0258686_7174241.jpg

はっきり言って心が折れそうである。写真では見えないが油も飛び散りまくりやがってます。
何故かこいつ等ときたら、とれとれピチピチ状態で跳ねまくるのだ。

もうこうなれば鰯との戦いだ!

キッチンと私を油まみれにされたリベンジで今や憎しみしか湧いてこない。
箸で押さえながらバチバチ飛ぶ鰯と押さえつける!

もう下の鰯は箸攻撃により重傷でバラッバラとなりコンロ周りと床は油まみれですごい惨状だ。

そして勝った。
最後に醤油を垂らして長い戦いは終わった ・・・・
バラバラ殺人事件のような鰯は、飛び散った玉ねぎを元に戻して隠してみた。

a0258686_7182591.jpg


息子、まっず~!(やっぱり?)

なので私が全部美味しくいただきました。


これは一番最初にテーブルに出していたチョリソーとトマト。
なんとなく出したけど、息子は美味しそうに食べていた。
a0258686_71941100.jpg


私は鰯とビールで腹一杯に。
その後はコンロ周りから床、冷蔵庫に至るまで掃除をするハメになったとさ。


下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
Commented by マイコ at 2015-04-16 07:51 x
勝利!!おめでとー

朝から 笑た
by sobubu | 2015-04-16 07:20 | うちごはん | Comments(1)