鴨ねぎ汁

さて、夕食は・・・

鶏のつみれがたくさん入った鍋が食べたかったのですが、ほとんどの材料は揃っている。
あとはつみれのための鶏ひき肉とゴボウを買うだけなので家から徒歩1、2分の最寄りのスーパー(でもめったに行かない)へ行った。

と、そのスーパーでは、「むね肉ひき肉(解凍)」となっているものが100gで138だった。

むね肉の分際で高いがな、しかも解凍したのって・・・どれだけパサついたつみれになるんだろう。


いつも行っている鶏肉の専門店では挽きたてのももひき肉が100g120円台なので、
肝心のメインが解凍したむね肉のミンチなんて買いたくない。

かといって今さら家に戻ってから車を出して鶏肉専門店へ行くことも出来ず、 急遽メニューを変更することに。


しかし、こちらは何気に目ぼしいものが何も売っていないスーパーなのだ・・・


こんなとき、何度も店内をウロウロするだけでメニューが何も決まらず、しかし早く帰って夕ご飯作らないと・・・と嫌なパターンに陥ってしまった。

で、結局買って帰ったのはえのき、ゴボウ、水菜、ほうれん草、とびっこ。


この日のメインはというと、なんの華もないえのきに豚ばらを巻いたものとなった。(ちと淋しい)


小麦粉とかの繫ぎは一切せず(面倒だから)コロコロ焼くと勝手に肉が縮むので剥がれなくなります。
焼き目が付いたら、しょうゆ小さじ1とはちみつ小さじ1/2で絡めただけ。
ナイスなコッテリ感のある色は母ゆずりのたまり醤油を使っ ているから。

塩こしょうだけでも美味しいけど、甘辛味もよい。

a0258686_7582347.jpg


で、ごはんのおかずとして買ったとびこ(とびっこ)

これまたしょぼい感満載ですが、塩分はかなりあるので少しだけにとどめよう。
a0258686_7585117.jpg


ほうれん草は茹でて枯れ節をたっぷり。

息子がお浸しは嫌だと言うのでポン酢をかけて。
小ぶりのほうれん草だったからか葉っぱが柔らかくて美味しかった。

そういえばちぢみホウレンソウの季節はまだかな・・・あれが出始めると我が家のほうれん草登場率がグンとアップするのだ。

a0258686_7593798.jpg


最期はつみれ鍋用に解凍してあった鴨肉で鴨汁を作りました。

鴨なので普段は入れない出汁に味醂を入れて作りました。
(よくよく考えれば、これをフープロでつみれにすれ ばよかったかも)

長ねぎもたっぷり入れて鴨葱汁です。
a0258686_802121.jpg

鴨は脂が美味しい・・・

鴨の脂は不飽和脂肪酸が他の肉類に比べると多くて血中コレステロールを下げ、生活習慣病予防に役立ち、ヘルシーな食材らしい。

なので気にせずガツガツ鴨肉を食べます。
また、鴨の脂をまとった水菜や春菊が取っても美味しくなるのだ。
注:ここでいう鴨は合鴨のことです(笑)

今夜こそつみれ鍋食べよう。




下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by sobubu | 2015-11-17 08:02 | うちごはん | Comments(0)