「ほっ」と。キャンペーン

中学生の息子とまいにちのゴハンや、他愛のない日常を書き留めています。過去ブログはこちら   http://sousou14.exblog.jp/


by sobubu

2017年 02月 01日 ( 1 )

冬は肉吸で

このブログをご覧になっている方からおうちでよく肉吸を作っているとコメントを頂いて
あっ、わたしも作ろ!といつもの牛の切り落としを買いに行きました。

肉吸に使う切り落としは、中でも脂の多い切り落としが合います。
汁に溶け込んだ脂はうま味にもなるし体が温まっていい。

とりあえずWikiによりますと肉吸とは以下の通り
肉吸(にくすい)とは大阪の料理であり、わかりやすく言えば、肉うどんからうどんを抜いたもの。かつおや昆布等を使ったシンプルなスープに、たっぷりの牛肉と半熟状態の卵が入っている。また、卵抜きや豆腐が入ったものも存在する。

とありますが、大阪の料理というより千日前のうどん屋の料理だと思います。
それが口コミで広がったものでしょう。

で、以前は塩バージョンのレシピをアップしましたが、今回は醤油バージョン
といってもうどんだしなので本来は醤油に決まっていますが・・・・笑

a0258686_7372466.jpg


だしは昆布とかつおで、肉に負けないくらい濃いめのだしを使うのがポイントです。
大体水1ℓに対してかつお節を最低で30g以上で作ります。
今回はふたつかみ(40g以上)で取っています。


肉吸の作り方

<材料>
牛肉バラ薄切り 250g
豆腐 1/2丁
玉ねぎ 1/2
九条ネ ギや白ネギ、玉ねぎでも
昆布とかつおだし 1ℓ
塩 小さじ1/2
酒、大さじ1
みりん 大さじ1~(甘目が好きなら大さじ2)
うすくち醤油 100cc(1/2カップ) 


<作り方>
1 昆布とかつおでだしを濃いめに作ります。
2 だしに酒、塩、みりん醤油を加えて味を調える。
3 お好みで豆腐や玉ねぎ、玉子を加えて煮る。
4 鍋を沸騰させたら好みのサイズに切った牛バラ肉を加えよくほぐし、灰汁を取る。
牛肉は絶対に煮込まないで仕上げます。

ねぎを散らして一味をぱぱっと振りかけたら完成。
肉と鰹のスープが美味しい食べ応えのあるスープです。

a0258686_7374843.jpg


ちなみに、元祖肉吸には玉子かけごはんなんかが添えられていますが、息子は炊き立てごはんに海苔。たまに出すとよく食べるんだな、、、これが。

stacksto trunk 収納 / スタックストー トランク4 stacksto, trunk4 /10P03Dec16【送料無料】

価格:7,020円
(2017/2/1 07:55時点)



※予約※【ポイント10倍】1616/arita japan TY パレス 220/プレーングレー【1616/arita japan 有田焼 アリタジャパン 和食器 パレスプレート palace オーブン可 陶磁器 柳原照弘 うつわ 輪花皿 】

価格:2,700円
(2017/2/1 07:58時点)




そして、こちらは私がおつまみに食べたくて買ったホタテの貝柱でカルパッチョ

a0258686_7502942.jpg

半分にスライスして塩こしょうにレモン、オリーブオイル。

もう何も言うことはありません。
カンタン、早い、オイシイ!!!

a0258686_7505356.jpg


ごちそうさま。


下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ



レシピブログに参加中♪





水素水のレビュー記事はこちら
水素水その後はこちら











by sobubu | 2017-02-01 07:51 | うちごはん | Comments(0)