2017年 02月 07日 ( 1 )

チョコレートのはなし

a0258686_7475585.jpg


本日はわたしにはちと似つかわしくない、バレンタインチョコレートでも。

実はチョコレートはとても大好きでして、今まで私のバースデーケーキはチョコレートのみっ!
たまに買うショートケーキもチョコ!何が何でもチョコ!

もちろん子供のころから買うおやつはチョコレート!
お酒が飲めるようになったのは結構遅めだったのですが、なぜか小学生の頃大好きだったのがお酒のボトルの形をした、しかも中には洋酒が入っていたチョコレート。

チョコ食べて鼻血出したことも何度もある。

そんな私が今回ご紹介するのは、アンリ・ルルーのチョコレート。
○ディバのチョコも美味しいけど2017年のアンリ・ルルーのバレンタインチョコレートはフランスと和とのコラボレーション。
大人のチョコレートになります。

しかも、おじいちゃんとかにプレゼントしても渋っ!と思われること間違いなし
(えっ?大人すぎるって?)

a0258686_6411863.jpg


ちなみに数年前に友人が息子のためにと買ってきてくれたバレンタインチョコがあまりに美味しく、盗み食い(全て)をしてめちゃくちゃ怒られたことがある。

そして、この時期には今でもチクチクと2人に言われるのだ。


さて、本題。
アンリ・ルルーはもともとフランスのキャラメル職人として有名で、フランスのトップ職人。
もちろんチョコレートでもいくつもの賞を取っているというショコラティエ

日本で販売されているアンリ・ルルーのチョコレートは全てフランスで作られ空輸だそうですが、今は引退して弟子が継いでいて、日本ではあの有名なヨックモックがそのブランドを引き継いで国内では4店舗お店を構えていらっしゃる。

数年前に爆発的大ヒットした、あのクイニー・アマンが有名ですな。

アンリ・ルルーのお取り寄せは【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー公式ショップ】
から購入することが出来ます。

で、今回はフランスと京友禅の老舗である「千總」とのコラボであるバレンタインチョコを一気にご紹介!
もちろんバレンタイン前にサクッと美味しくイタダキました♪

まずは左からユズ・マントとキョウト

ユズ・マントはユズとミント
この2の味って凄いけど、柑橘もミントも大好きなのでうっまー!

キョウト
レモンの皮とほうじ茶のコラボ。一瞬「ん?」と「あっ、この味知ってる!何たっけ?」と一瞬混乱します 笑 
で、説明を見て「おぉ~、なるほど!」と納得。しかも、表面の模様は渋い”七宝柄”です。
a0258686_653224.jpg


切ったらこんな感じ。

a0258686_6533980.jpg


続いてドフィノア、C.B.S. (セー・ベー・エス)、パレオール
a0258686_6564213.jpg


ドフィノアはくるみとヌガー、C.B.S. (セー・ベー・エス)は、「アンリ・ルルー」のスぺシャリテである塩バターキャラメル。
美味しいにきまっとるわな・・・・

パレオールはチョコガナッシュ。これ一番好き♩
息子のチョコを盗み食いしたのもチョコガナッシュだった。
a0258686_7432110.jpg


最後の3つは
ベネズエラ・ノワール、プラリネア・ランシエンヌ、マダガスカル
a0258686_7483750.jpg


ベネズエラ・ノワール
ベネズエラ産のカカオが原料のガナッシュ。安定の美味しさ。

プラリネ・ア・ランシエンヌは、アーモンドとヘーゼルナッツ
中はカリカリ食感です。

マダガスカル産のカカオを使ったナガッシュ、もちろんこれも好き♩

a0258686_7504588.jpg


食べるときには室温に戻して頂くと、とろける触感と上質なチョコレートがたまらん美味しい!
もう、コーヒーや紅茶ではなく、お酒と楽しみたい大人のチョコレートですね。
こういう時、ワイン飲める人いいなーと思う。

人とはちと違うバレンタインチョコレートを考えている人には絶対お勧めチョコレートです。

あっ、息子へのチョコレート?
彼には毎年森永のミルクチョコレート×10枚と決まっておりますの・・・・おほほほほ。

アンリ・ルルーのチョコレートは2月11日までならバレンタインに間に合います。
送料も無料(ここ重要)




ごちそうさま。


よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ



レシピブログに参加中♪




水素水のレビュー記事はこちら
水素水その後はこちら











[PR]
by sobubu | 2017-02-07 06:51 | その他 | Comments(0)