2017年 04月 05日 ( 1 )

うなぎの握り

a0258686_06510334.jpg


ずーっとずーっとお鮨食べたい病になっていたが、息子が「今日はおすし食べたい」と連絡が来たのでお鮨屋さんへ行ってきました。


友だちに「いいとこない?」と聞いたら近所に安くて美味しいお鮨屋さんがあるとのこと。ちょうど、先日飲み会でいい感じに酔っ払って女8人でスナックに行った際、そのうちの1人が下ろしているボトルを飲み切って、新しいのを下ろさずに帰ったので、お返しもかねて彼女を誘いました。


そのお店は小さなお店でTVにも出たことがあるみたいだけど、場末の飲み屋街のような路地にポツンとあります。

一見で入るのにはなかなか勇気がいるようなお店ですが、久しぶりに息子とご飯を食べに行けるので私的には嬉しい。


息子には入る前に「ガラの悪そうなオッサンとかいても気にしないで」と伝えると、「うん、ママがおるからぜんぜん大丈夫!」と、どの部分が大丈夫なのかワカランが彼にとっては問題ないのであろう。


そしてガラッと戸をあけ「すみません、子供がいるのですが大丈夫でしょうか?」と聞く、と「どうぞどうぞ」と大将が笑顔で迎えてくれた。

が、カウンターには、想像していた通りの金髪にビトンのデカイバッグに高級時計をしたオッサンやガテン系のオッサンが5人で飲んでいて、全員が私をガン見するので場違い間は多分にあったのだろう。(私の高貴すぎるお上品さなのか)


お店の中はカウンターは10人も座れば一杯になるスペースで昭和感満載のレトロ感がよい。

まずは鯛のアラの煮つけと酢レンコン、ビールは掃除が行き届いているのかめちゃくちゃ美味しい♪


a0258686_06511401.jpg


また、どうやらこちらのお店は天然に拘ったお店らしく、マグロも大間の鮪ということだ(後日別の友達に聞いて知った)


メニューにはふぐがあったので息子に「ふぐあるで、ふぐ!てっさ食べる?」と聞くと、にやりと笑って「うん♪」

でも、ふぐはないとのことでした・・・残念

なので、この日の白身は淡路の天然鯛のみだったのでそれを薄造りにしてもらうことに。
お皿や盛り付けは無骨な感じですが、息子は刺身を食べて今までで一番美味しかったらしく、「これ、めっちゃうまい!」とつぶやき、ものの30秒で彼の胃に収まった。


a0258686_06512506.jpg


なので、お皿を渡され1分後には「おかわり!」
大将も笑っていたが、確かに食べてみたら身が締まってとっても美味しい鯛だった。


2皿目も瞬殺。


a0258686_06513588.jpg


あとはお刺身の盛り合わせ。
ナイスなまぐろの色!それに雲丹は塩水うに。大好きなボタンエビもありますぅぅぅ♪


a0258686_06514831.jpg

で、息子は立て続けに、ブリ、まぐろ、とろ鉄火、新香巻き、あと忘れた・・・を全て2貫ずつ注文してすごい勢いで食べていた。


撮ったのはまぐろのみ、塩で食べます。

息子は手でつまんで、通なおっさんのような食べっぷりを見せていました(食べる内容はお子ちゃまだけど)


a0258686_06510334.jpg


そこで、友だちが来て再度ぶりを注文
息子のは塩で出てきたが、と友だちのは大根おろしとポン酢。


1個貰ったらのど詰めるんじゃなかろうかと思うほどのサイズだったけど、何とか大丈夫だった。しかもうまし!


a0258686_06550818.jpg

そしてここからうなぎを立て続けに注文。


国産ウナギなので、とろと同じ金額です・・・私は2貫注文したが、焼き加減が絶妙で香ばしくて美味しすぎる!もっと食べたい!


a0258686_06552040.jpg


友だちも2貫
彼女も絶賛!


a0258686_06553115.jpg


私はボタンエビを注文・・・・だけど、これ目の前の生簀で取っていたが、車海老じゃないの?食べてみるとめっちゃくちゃ身が締まっていて(そりゃ死にたてですから)尻尾が外れにくい。


a0258686_06555620.jpg

で、注文したトロの吸い物しと共に、頭を焼いてもらって出てきたのが、、、ボタン海老だ・・・。

ちなみにトロ部分のお吸い物が気になって注文した。


a0258686_06575599.jpg

凄い脂でお肉のようだった。大将は「これは安いやつ・・ケープタウンの鮪なので大したことない」と言っていたが、私の中では「えっ、ケープタウンの鮪って南鮪なので高いんじゃないの?と思ったけど、ココのお店は大間の鮪に拘っているのであれば、そういうことなのかな。

私にとっては十分高級品でございます・・・そして、これ好き・・・


a0258686_06581640.jpg


茶碗蒸し
大振りの器に車海老とかユリ根にぎんなん、うなぎがゴロゴロ入って豪華です。


いつも具のない茶碗蒸しばかり食べているので、食べているとお腹いっぱいになってしまった。


a0258686_06554666.jpg



まぐろも注文
友だちと1貫ずつ

塩もっと振ってくれ・・・


a0258686_07000715.jpg


友人の鉄火

「まぐろの味が深い~!」と、マグロに感動していました。


a0258686_07002362.jpg


そしてうなぎを再度3貫追加!何回頼むねん・・・・と思ったが、友人が1貫食べて私の2貫は・・・・・ムリです・・・もう食べれません!


なので「持って帰る!」と包んでもらったものの、食べれそうにないので友人に。


a0258686_07023008.jpg


お会計は生中3杯、小1杯で18,000円
先日ボタンエビを食べたお店よりは1万円も安い!そして味もこっちのお店の方が好きです♩


また行こうっと。



そして、友人に「ねぇねぇ~、鮨代出したからゼリーを買ってくれ!」とスーパーに行き、欲しいゼリーがなかったので愛宕梨を買ってもらった。
ボトル飲み倒したお礼だったのに、結局梨まで買ってもらってありがとうございます!


a0258686_07030045.jpg

GWは大阪で食い倒れ、USJで歩きまくるのはいかが 笑





+++


おまけ


ちなみに、女8人での1次会飲み会は双琉だった。

そんじゃそこらの中華屋では絶対に出てこない激ウマ蒸し鶏や、パクチーサラダ。


a0258686_07042369.jpg


皆が絶賛していたのは青菜の炒め物!ホントこれとっても美味しかった♪

もちろん麻婆豆腐はマストでしょう!


飲む気満々で、しかも呑兵衛ばかりが集まっているのに、あまりの美味しさに皆お腹いっぱいになっていたし。


a0258686_07052620.jpg


ごちそうさま




よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓




レシピブログに参加中♪









トリプルペプチドファンクションがピンッとしたハリに導く!

初回だけ6,000円近いけどモニター価格になっています。
















[PR]
by sobubu | 2017-04-05 07:06 | そとごはん | Comments(0)