<   2015年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

オイシイ牛すじスープ

a0258686_5443318.jpg


牛すじ肉を買ってきたので、とりあえずスープ目的にコトコト3時間ほど煮込みました。

煮込む際にはにんにく2片、日本酒1カップ、長ねぎの青い部分5本程度を入れています。
煮だしたら、いい感じの色になっています。

出汁を取る際には必ず灰汁をとことん取って、弱火で汁が濁らないようにします。
出来上がりで約1リットルぐらいかな。

a0258686_5455315.jpg


これに、白だし大匙2と塩(ぬちまーす)を小さじ1.5~2でかなり濃いめの味付けをします。
そして、すじ肉を小さく切って汁に戻したら、器にネギと粗挽きこしょうをふって完成です。

キムチを添えていただきます。
汁にしっかり味が付いているので、すじ肉も美味しく食べられるし、ご飯にスープをかけて 食べても美味しい。

口直しにキムチを食べても、一緒に食べても旨いです。
息子はスープかけゴハンが気に入ったようで、ご飯をお代わりして2杯食べていました。

ちなみに脂が苦手なら冷蔵庫で冷ますと簡単に取り除けます。

煮込むとき、大ぶりにカットした大根を入れて一緒に煮てもこれまた旨し。

a0258686_5463651.jpg


で、久しぶりの塩鯖
焼き立てにポン酢をたっぷりかけて。
ずっと食べたかったのですが、息子が嫌がるので登場回数は低い。

だけど、初めて息子は「塩気がごはんと合って美味しいな~!」と言い
つづけて「ポン酢はなんにでも合うなっ!」と

ポン酢のおかげだな。

a0258686_5471131.jpg


最後はオクラとトマト
野菜不足だけど、サラダや煮物は食べる気がしな い。

なので、切っただけ、茹でただけをマヨネーズ付けて食べる。


息子はオクラを切ってオカカ醤油にすると何故だか食べない・・
でも、丸ごと出すと、手に取ってパクパク食べる・・・・なんでだろう。

a0258686_548731.jpg



ごちそうさま


下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by sobubu | 2015-07-31 05:48 | うちごはん | Comments(3)
昨日は3時過ぎに起床したので(早すぎ)夜は疲れていたためキッチンのカウンターで食事しました。
要はテーブルに運ぶのすら面倒だった。

寝不足の原因はハムスター
日中はリビングにクーラーを入れているのでハムスターもリビングにいる。
そして夜は寝室へ行く際に当たり前だがリビングのクーラーは切るのでハムスターも移動する。

しかしながら、彼(いや彼女だったっけ?)は夜行性のため、寝室でずっと回し車で回りまくっていたり、
柵をガリガリ噛んでいたりして眠れないのだ・・・マジでウッサイ!!


そんな寝不足での夕食はトマトとアボカドの冷静パスタと塩タンというなんとも妙な組み合わせになった。
いやいや・・・前日もフォカッチャと焼き鳥というメニューだったけど、それはフォカッチャにパスタの組み 合わせなのに
「焼き鳥」リクエストのためへんてこりんな献立になった影響が出ただけの事。

今回は人に教えて貰ったレシピをアレンジしたもの。
これがサッパリ美味しかったので自分のための備忘。
a0258686_658164.jpg


<材料>
パスタ 160g
アボカド 1個
クリームチーズ 30g(さいの目にカット)
トマト 1個半(さいの目にカット)
砂糖 小さじ1.5
EXVオリーブオイル 大さじ2
酢 大さじ3(あえて穀物酢を使いました)
顆粒のコンソメ 小さじ2
にんにくすりおろし 耳かき2杯分
塩 小さじ1
こしょう 適量
バジル 適量


1.トマトはカットして砂糖をまぶして10分程度なじませる
2.オリーブオイルからこしょうまでをボウルに入れて混ぜておく

a0258686_6562970.jpg

3.パスタを茹でるお湯にオリーブオイルを小さじ1入れて指定の時間茹でる
4.トマトから水分が出るので、それをオイルのソースに混ぜておく、その時トマトのボウルにカットしたアボカドを和えておく。
5.茹であがったパスタを氷水にさらし、水を切ったらオイルの入ったボウルに入れる
6.手順4を手順5のボウルに入れて和える
7.器に盛ってカットしたクリームチーズを散らしてバジルを飾れば出来上がり。

実際にはバジルの葉をさらに5枚ほどちぎって混ぜて食べました。
a0258686_6574080.jpg

パスタ以外の材料をガーリックトーストに乗せて食べても美味しいと思う。
ちなみに、息子から「これ、モッツアレラじゃないの?でもこっちのが好き」との感想。

モッツアレラが高いので代わりに入れたクリチーなのでした 。
サッパリして美味しかった。


そして塩タン
これを食べるのにカウンターで食べることになりました。

a0258686_6593953.jpg


まず、鉄板をテーブルに出して焼きながら食べるのが望ましいが、面倒・・・・
かといって全部焼いてお皿で出すと冷めてしまって美味しくない。

なので、数枚ずつ焼きながらアツアツを食べました。

a0258686_723313.jpg


息子はカウンター用の長椅子に座って食べたが、もちろん私はカウンターに肩肘ついて立ち食い。
でも、テーブルとキッチンを何度も行ったり来たりすることなく、片づけも簡単なのでよい。

これだけあった塩タンも2人でペロリと頂きました・・・・といってもペラペラだったんだけどね。

ごちそうさま。



下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by sobubu | 2015-07-30 07:03 | うちごはん | Comments(1)

ウチ焼鳥 ソト焼鳥

a0258686_761153.jpg

焼き鳥って家では作れない料理だと思う。

手羽先の塩焼きや照り焼きチキンなとは鶏は鶏でも焼き鳥とは違う料理だ。
なので、定期的に無性に焼き鳥が食べたくなる。

息子も同じなのか「焼き鳥食べに行きたい」と言われ早や数か月
なかなか行く機会がなく、もう2人でもいいんじゃないの?と、近所の焼き鳥屋に数回行くもののいつも満席だった。

で、やっと念願かなって会社の同僚が付き合ってくれることになり、行ってきた。

が、

息子はと言えば、数日前から「6時に予約してるから」と言っているのにも拘らず、友達との夏祭り的な催しに6時に約束してきた・・・・

息子にどっちを選ぶか聞いてみたが、やはりの祭りをチョイス。
なの で息子を置いて行ってきました焼き鳥屋さんへ

しかもかなりのハイレベル!
近所の混んでいる予約のできない焼き鳥屋さんよりはるかにウマかった。
→予約はできないと言いながらも常連だと受け入れている模様。

で、その話は後程ということで、フォカッチャを作った日に「焼き鳥を作って!」とリクエストされた。

仕方あるまい・・・自分だけ食べたのだから作ろうではないか。
そのお店で持ち帰りを頼んだが、ダメだったし。

鶏肉も専門店で美味しい地鶏を買ってきてせっせと串に刺す。
「こんなに食べれるの?」と思った計9本

a0258686_765825.jpg


魚焼きグリルにアルミホイルを敷いて、鶏肉を並べてタレを片面ずつ4回位刷毛で塗って焼きました。

<タレ>
しょう ゆ 大さじ3
酒 大匙1.5
味醂 小さじ1
はちみつ 大さじ1 を極軽く煮詰めたもの

一度に焼けないので2度に分けて焼いたが、都度タレを付けて焼くのはかなりの面倒くささ満開だった。

a0258686_773969.jpg

そして、一口味見するとアッサリしていて旨いではないか!

すると息子「めっちゃ美味しい!!!!」と絶賛した後に、「ママはあんまり食べてほしくないねんけど・・・」とくぎを刺された。

いいよ、いいよ。どうせ残るだろうから・・・・と思ったが、彼は全部食べた。

まー、一口しか食べていないので定かではないが、チェーン店の焼き鳥程度に旨かったと思う。
(なんせいい鶏肉使ってますからね)

タレもアッサリめに作れたので、なかなかだったと思う。
次は 焼き鳥専用グリルを買おうかしら・・・


     +     +     +


で、その焼き鳥屋さんで食べたもの(iPhoneで撮影)
まずは白肝

全部が白肝ってすごい・・・大抵半分ぐらいあればいいほうなのに・・・メニューにできるという事は白肝だけを仕入れることが出来るお店なんですね。

旨いことは間違いない!
a0258686_794919.jpg


で、ささみの梅肉
あまり注文しないメニューですが、彼女が先に注文しておいてくれました。

a0258686_7101691.jpg

中心はレアでこれまた美味しい。

そして、三角、ねぎま、つくね。

つくねも美味しいと思ったことがないので注文しないメニューですが、ここのは美味しかった!
で、不覚にもこの時点でお腹いっぱいになってしまったではないか。

a0258686_711387.jpg


なんでやー!もっと食べたいのにーーー!と思ったが、Beerを飲んでいると仕方ない。
この時点でハートランドを2杯飲んでいたので酎ハイのシークァーサーにチェンジ

あとは、アスパラ、しいたけ、トマト、じゃがいも
これは、美味しい野菜!でしたが・・・ま、普通だった。

だけど一つ一つが結構凝った感じになっていて、よそでは食べられませんね。

a0258686_7145615.jpg


仕上げのラーメン
彼女が前もって売切れる前に注文しておいてくれたもの。
普通に美味しかった・・・・

けど、これはウチで作ったラーメンの方が美味しいな・・・(どんだけ自画自賛やねん)

a0258686_715313.jpg


今度は息子も連れて行こうと思う。
ごちそうさま。







下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by sobubu | 2015-07-29 07:16 | うちごはん | Comments(0)

俺のフォカッチャ

a0258686_4273145.jpg


きのう食後にソファでうたた寝していたら「あ、来るな」という感覚になった途端金縛りにあった。
ここで、思わずチッ!と思い、怖いというよりもイラッとした。

「どぉりゃぁぁ〜!かかって来いやぁ〜!」抵抗する。

思い切り力を入れて右足で左足を押し、左足をソファから下に落とした・・・
そこで「ふふん!負けるか〜!ザマアミロ!」と思っていたら、なかなか金縛りが解けない。

で、ふと冷静になって見ると、動いたと思っていた左足はソファに乗ったままで全く動いていないと気づいた。
息子は隣のソファでゲームをしている・・・
呼んでみたが声が思うように出ない。

「あぁ、やばいなぁ・・」 と思った途端、右耳からおっさんの息遣いが聞こえ何かブツブツ言っている。

んも〜!と思いながらも少し怖くなってきたので、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と言ったら暫くし金縛りが解けた。
金縛りがりが溶けた後息子に「何か言ってたやろ?」と聞くと「うなされてたで」と言われ大笑いした。

若い頃は怖くて仕方なかったのに、息子もいて忙しく生きていると逞しくなる一方で
「あぁーん?やる気」と鉄板になってしまった。

そんなもんに付き合ってられる程わたしはヒマではありません!って感じです。

+++

さて、今回は子供でも作れるフォカッチャ。

パンとかケーキとか焼ける人って、心から尊敬しますが、フォカッチャは誰にでも作れます。
なので息子に作ってもらいました。

要は子供にも作れるカンタンで美味しいパンです。

〈材料〉
薄力粉 90g
強力粉 180g
砂糖 小さじ2
ドライイースト 小さじ1・1/3
ぬるま湯 160cc
塩 小さじ1/2
バター 20〜30g
オリーブ油 小さじ4

a0258686_4321464.jpg


〈作り方〉

1.強力粉は合わせてボウルに計量し、砂糖・イーストをボウルの端に入れる。
薄力粉にはバターとオリーブオイルを入れておく。
2.ぬるま湯をイーストめがけて一気に加え、木ベラでぐるぐる60回い混ぜる。
3.塩・バター・オリーブ油をいれたボウルの中身を2に入れひとまとまりになるまで混ぜる。
4.台に取り出して生地がなめらかになるまでこねる。(5分程度)

a0258686_4324941.jpg


5.生地を半分に切って丸めたらボウルで蓋をして、今の時期なら常温で25分~30分発酵させる。
6.生地が1.5~2倍になったら上から抑え、お好み焼き位のサイズに伸ばす。

a0258686_4334024.jpg


7.巻き寿司のようにクルクル巻いて端を指でくっつける。
8.適当なサイズにカットし、指で穴を開ける。
今回は2分割したものを更に3つにカットしたので6個
9.オーブンの発酵機能(40度)で25分発酵する。
形はいびつですが大丈夫。

a0258686_4345868.jpg

10. オリーブオイルを刷毛で塗ってから岩塩をまぶす。
今回はイタリアの岩塩を使いました。
a0258686_4354542.jpg

11.210℃に温めたオーブンで15分焼けば出来上がり。

子供が数分(5分程度)捏ねただけでちゃんときめ細かいパンになっています。
食べる時はバターを塗るより、息子は塩とオリーブオイルが好みだった模様。
a0258686_4363699.jpg


かなりの岩塩を振りかけていましたが、これでちょうどいい感じになっていました。
フォカッチャは塩味があるからこそ美味しいと思う。

子供に作らせると、「自分が作った」という満足感からか美味しいと言ってパクパク食べていました。

と、作ってない私が食べても美味しかった♪
a0258686_4371980.jpg


夏休みなので息子にはいろいろ料理を作る楽しさを覚えて欲しい。
どうせ、いずれは自分のことは自分でしないといけないしね。

といっても息子はインスタントのラーメンも自ら作ったことがないですが・・・
カップヌードルはかろうじて2度だけ。


下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by sobubu | 2015-07-28 04:39 | うちごはん | Comments(4)
a0258686_78920.jpg


先日、キムチをたくさん届けてくれた友人から手作りの韓国の酢味噌も頂きました。
エゴマの葉と青唐辛子も。

で、作ったのがコレ(盛っただけだが)

上に乗っているのはまるで紫蘇だけどエゴマです。
そして、こっち面のみ青唐。

この青唐がめちゃくちゃ辛いのですが、耐えられる辛さ。

昔ホントに辛いのに当たって2時間は涙が止まらなかったことがありますが、
そこの家のお父さんは、ご飯にお水をかけてこの青唐でお茶漬けをすると教えてくれた・・・・。

渋すぎる。

と、戻りまして、これがめちゃくちゃんっまい!
エゴマの風味と青唐がナイス。

蒸ぶたなんかにも使えるそうなので大事に食べよう。
ありがとーー!

a0258686_7244558.jpg


テールスープもまだ残っておりやす。
脂がたまらんです。

a0258686_7305155.jpg


ちなみに「ザンギ」という北海道のから揚げを作ってみたくて、にんにくや生姜のすりおろしに醤油なんかを混ぜ、
粉も一緒に混ぜてから揚げました・・・・

こんなの出来ました。
心も折れました。
a0258686_7355650.jpg


で、まだ揚げていない鶏肉に片栗粉をどっさり入れて揚げ直したのがこちら。
なんとか立ち直れました。

粉を混ぜて揚げると間違いなく上の感じになるのだ。
何が悪いんだ?

a0258686_7401711.jpg




下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ



すももウマし。
a0258686_742191.jpg

[PR]
by sobubu | 2015-07-27 07:42 | うちごはん | Comments(4)

豚モダン

a0258686_237158.jpg


粉もん大好きな友人。
ただし私との長い付き合いのなか一緒にお好み焼きを食べたのは2、3度だ。

そして以前から「行こう!」と彼女オススメの鶴橋風月に生まれて始めて行ってきた。
なんと近所にあったのに興味のない私は今の今まで気付かなかったのだ。

彼女の豚モダンに玉子、チーズ入り。

青のりをタップリと。
a0258686_2381946.jpg


あと、ゲソやキムチ、キャベツ、コーンも注文。(息子チョイス)

焼きそばもね。
a0258686_23102881.jpg


私は豚モダン

上に鰹節が乗っている・・・・
a0258686_23112425.jpg


私のには玉子が乗ってなかったので「何で?」と聞くと、全て個別らしい。
何でも具材をカスタマイズできるんだって。

彼女は全メニューを制覇しているらしい・・・そんなに好きだとは知りませんでした。
私は、お好み焼き屋さんに滅多に行かないため全くわかってない。

a0258686_23132076.jpg


だけど、初風月はめちゃくちゃ美味しかったわ。
これからは定期的に行こうと思う。



ちなみに、調子に乗ってこんなの頼みました・・・ハイボール。
でも、考えたら私ウィスキーもバーボンも飲めないんだった。

a0258686_231658.jpg




下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by sobubu | 2015-07-26 23:16 | そとごはん | Comments(0)

山盛しらすパスタ

a0258686_8432214.jpg


多分、2週間ほど前だったと思うが、しらすのとある料理を作ろうと思い、
仕事帰りにいそしそとスーパーに寄ったものの時間が7時半だったためか既に売り切れだった。

仕方がないので、その日は結局別の献立に変更した。

で、一昨日スーパーで特大サイズのパックに入ったしらすが398円で売られていたので迷わず購入。
この間作るつもりだったのを作ろう!


そしてしばし考える・・・・


そもそも、あの時作りたかったものは何だったんだろう・・・多分めちゃくちゃ美味しそうな「何か」だったはず。
しかし、全くもって思い出せないのだ。


パスタ?和食?ジャンルすら思い出せず、ネットで「しらす レシピ」で検索しても思い出せない。
結局「作りたかった何か」はサッパリ思い出せないまま、しらすのパスタにすることにした。

よくぞ、ここまで忘れられたものよのぅ・・・と少し怖くなった。


<材料>
パスタ 200g
しらす 200g
にんにく 3片みじん切りに
鷹の爪 2本
EXVオリーブオイル 大匙3~4
昆布茶(付属のスプーンに1杯強)
レモン 1個

<作り方>
1 フライパンにオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を入れじっくり弱火で火を通す。
2 お玉に3倍分の茹で汁と昆布茶を入れ、乳化するまで混ぜる
3 1分~2分前に取り出したパスタを2に入れ、好みの固さになるまで和える。
4 お皿に盛り、しらすをたっぷりのせてレモン半個分を添えて完成。
※茹で汁の塩分と昆布茶の塩分のバランスが大切なので味をみながら昆布茶で調整します。
  あと、しらすの塩分も加味しながらの微調整します。

レモンを食べる時に搾ると、味がキリッとしまって美味しい。

a0258686_8555525.jpg


これは、キャベツとベーコンのスープ煮
サラダを作ろうと思ったが、葉物がまた高くなっている。
逆にキャベツはめちゃくちゃ高かったのに150円程で安定価格に戻った。

なので、汁代わりのコンソメスープ煮にしました。
味付けはコンソメのみで飲める程度の濃さで。

にんにくスライスも1片分入っています。
キャベツがトロトロで美味しい。
ベーコンは1本を購入したのでぶつ切りにしてマスタードを付けて頂きました。

a0258686_8564163.jpg


昨日は6時にラジオ体操のため学校へ行った。
いつも4時5時には起きているんだから、ならば仕事を理由に手伝わないのは良くないと思って・・・

すると手伝いに来ている人は、ほぼ仕事を持っている人ばかりだった。
(知っている人ばかり)

会社でその話をすると「私もちゃんと行くわ!反省する」と言っていたが、
手伝いに来ているメンツについては、「専業主婦の方が、そんなんやで!」と事情通の彼女が言っていた。

※彼女は見目麗しく、毎朝4:30起床、家は完璧、旦那男前、子供可愛く、ファイナンシャルプランナーも唸るやりくり上手
周りの人間は全員カスに見えるだろうと思われるほどの完璧主義者だ。
家がいつもヨゴレているような専業主婦は、恐らく口も聞いてもらえないだろう・・・


そういや、子供を連れてきている親も何人か居たが偶然か知っている人は皆仕事持ち。
その日たまたまなのか。

私は学校行事は働いている人は手伝わずに押し付けているという構図を想像していたが、
現実は違っていて目からウロコだった。


そしてラジオ体操から帰ってきてベランダ洗ったりトイレ掃除したりして出勤したら、なぜか1日中しんどかった。
なぜだ・・・・
ラジオ体操でたいした事してないのに。


下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by sobubu | 2015-07-25 09:04 | うちごはん | Comments(7)

鰯のつみれと宿題

a0258686_558234.jpg


夏休みをのんびりダラダラと自由を満喫中の息子。
しかしながら、私にガミガミ言われるのが嫌で早々に宿題を終わらせてしまった。

その中に宿題のひとつに「おかずを1品作る」という課題があった。
料理を作り、使った道具と材料を記載するもの。

で、息子は何を思ったか「まぐろの握り」を作るという。
それってオカズじゃなくて自分が食べたいものではないのか?と突っ込んだが、
「いいねん!いいねん!前にキッザニアで握ったことあるから」と自信満々だ。

たしかにキッザニアの「さと」で寿司職人体験をしたさ・・・でもそれって小学校入学前ではなかったか。

ま、いい。
食べたいものを作ればいいさ。

しかし・・道具って。
包丁・まな板・土鍋・ボウル・しゃもじ・扇風機って←酢飯を覚ますためのもの 。
材料も、米・マグロ、すし酢だけだし。

本人はやる気満々なので、ならば頑張って作って貰おうではないか。

と、その間に鰯5匹をさばいてつみれ汁を作りました。

フープロがあれば、さばいてから10分もあれば作れる。
小骨も粉砕されてカルシウム摂 取にもよい。

そして、美味しい。
a0258686_5585014.jpg


横につきっきりでコメの洗い方、水の量、炊く前の漬け込み時間・・・っと、結構面倒だ。(しかも平日)
酢飯は1つだけ目安のサイズに握って、あとは自分でせっせと握ってマグロを乗せる。

マグロの切れ端が出たので、海苔を巻いてうずらをトッピング。
はじめての割にはなかなかの出来ではないか!

本人は自分で作ったので「うまい!なかなかのデキや~!」と満足していた。
撮影も息子。
a0258686_5591926.jpg


ちなみに、全て出来上がったら9時過ぎていた。
作りながら「お腹すいた~、お腹すいた~」と言っていたのでさぞ満足だったであろう。


私はお寿司を食べるときは醤油をベチャベチャ付けて下品極まりないのだが、
息子は手で醤油を「ちょん」と端っこに少し、ほんの少しつけるだけだ・・・・

こやつ、やはりコヤジというに相応しい。


さて、今日はラジオ体操の当番、息子も初ラジオ体操参加!
今から行ってきます!



下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by sobubu | 2015-07-24 06:00 | うちごはん | Comments(3)

The Load Out - Stay

10代後半、アメリカ村のとあるBARで毎晩遊んでいた。
夕食を食べた後、ミナミのBARを何軒か回って最後に落ち着く店がそのお店でした。

店に入る頃には大抵2時は回っていてBMWを店に乗り付け、帰るのはだいたい朝。
薄暗いお店だったから外に出ると外はすっかり明るくなっていて太陽がとても眩しかった。

今思い出すと何が楽しかったんだろう・・・と思うが、毎晩お酒を飲んで喋って8ボールをして朝帰る。
このパターンのローテーション。

8ボールは、8以外の帯と色のボールを各自で決めて、ボケットに早く落としていくのですが、先に8を入れたら勝ちというもので、9ボールより勝負が早いという感じ。

ちなみに、そのお店の営業時間は多分2時とか3時頃だったと思うが、同伴者のおかげか関係なかった。
要は帰りたくなったら帰るのだが、それはいつも8時過ぎとかだったのだ。

同伴者やその他お店に残っている人は常連ばかりで、べろべろに酔っている人、酔っ払って真剣な話をする人、綺麗なモデルなど様々で、
お店も客もオシャレな人ばっかりで、独特の雰囲気だった。

で、私の8ボールの相手はいつもバーテンダーがしてくれていた。
そしてひとしきり遊んだ後は出勤途中の会社員とは逆に蝉がミンミン泣いているところを帰っていく。


そのバーに一緒に行っていた人は、それからもあちこち連れて行ってくれたものだ。
それから何年も月日が経って一緒に飲みに行くことはなくなったが、何十年も付き合いは続いて、私の中では大好きで尊敬する数人の一人だった。

子供が生まれるまでは、毎日まいにち遊んで、しまいには鼻血が出るまで遊びまくっていたが、いつも遊びの原点はそこにある。

だけど、子供が生まれると私はめっきり子供に夢中になってしまい遊びに行くこともなくなった・・・というより
もう、その雰囲気は必要なくなった。

そして、そんな思い出の友達は数年前にがんで亡くなってしまった。

その人は年齢的には若すぎる死だったが、ときどきこの人のことを思いだす。
そして、彼がそのバーでよく聞いていたJackson Browneの「The Load-Out - Stay」のLive映像をYoutubeで聴いて彼を偲ぶ。

この曲はアメリカのクラシック・ロックの名曲ですが、彼が亡くなり私の中では大切な思い出の曲になった。
その時は何とも思わなかったのに。

カッコいい男前な人だった。



下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
[PR]
by sobubu | 2015-07-23 22:50 | その他 | Comments(1)
a0258686_6435374.jpg


さて、夏休みに直前の給食でスイカが出たそうだが、やつはそのスイカの余りの薄さに衝撃を受けたそうだ。

「そりゃそうやろう・・・給食やねんから、でも、スイカが出ただけでもいいやん!」というと
「いや・・・でも、あの薄さはちょっと・・・・」

だけど、数切れ残ったのをじゃんけんで勝ち、しかも前後左右の女子から貰ったので何とか満足することが出来たと熱く語っていた。

あんた・・・・この間の冷凍ミカンも女子から貰ったって言ってましたけど・・・?

もともと野菜不足を補うために小さな頃から食後に大抵フルーツを出していたが、それが今でも当たり前になっている。
1/4カットのスイカを買っても息子の好きなサイズにカットして、2日程で食 べ切る。

私はめったに口にすることはないので、ももを買ってもサクランボを買ってもイチゴを買っても・・・何もかも食べるのは息子ひとり。

スイカにしても、かなりの厚切りを2切れとか食べているので、そりゃ給食のスイカの1切れは衝撃的だったろう。
1人っ子って、そういう部分い争う所がなく幸せやのぅ・・・と思う。

そして、きのう。

スイカの皮から3cm程残した状態で残していた。まだ食べている途中かと思ったほどだ。
聞くと、美味しくない部分だから仕方ないやん・・・という。

私が子供の頃は白いところまで食べてたわ!」というと奴は本気で引いていた。

これからは1cmの薄切りで出してやろう。
半月は持つな。

+++


昨日の夕食は香味野菜をたっぷり食べる炙り蛸の香味サラダ。

〈作り方〉

1.紫蘇、やっこ葱(細いの)、みょうが、三つ葉、カイワレ(これはオマケ)を氷水でさらし、キリリと冷やしておく。

a0258686_6535619.jpg

2.茹でダコを網で香ばしい焦げ目がつくまで焼く
   ※ホントは生が良い・・・が高いので茹でダコで代用
3.1と2を混ぜる。

a0258686_6542824.jpg

これは、かれこれ我が家の・・・と言うより、私の20年近い定番料理で、
いつも熱々に熱したごま油をジュッと回しかけポン酢で食べていたのですが・・・

先日、ローソンで立ち読みしていて似たようなのが記載されていたのは、白ごま・土佐酢で和えたものだった。

で、ここで「ヨシっ!今回それにしよう」と思ったのですが、土佐酢をつくる時間がなかった・・・。
なので、冷蔵庫を開けた際に目に入ったキユーピーの「ノンオイルゆずこしょう」を回しかけて頂きましたよ。

もう、サッパリして香味野菜がクセになる味でたまらんうまい!

そして香味野菜と柚子こしょうがこれまた合うの です。

a0258686_6521346.jpg


あと、この料理を作った際にからなずオマケで食べられるのが、香味野菜のうどん。
飲んだ後や、翌日の二日酔いの時に食べるのですが、温かいうどんにトッピングして柚子こしょうをたっぷり乗せる。

ゴマをつまんで手でつぶしながらパラパラ

本来は、ここに梅干しをトッピングするか、レモンを絞って食べるのですが、面倒だったのでなし。

なぜなら・・・・これは、12時頃に小腹が空いてこっそり暗いキッチンで作って食べたから(笑)
それでも、絶対に美味しいから、こりゃヤメラレマセン。


a0258686_653738.jpg


息子のメインには鶏そぼろ丼

何がそんなに美味しいのか分りませんが、息子は好きなようでしょっちゅうリクエストがある。
本日は、鎌田のだし醤油を使って薄い仕上 がりにしてみました。
しょうゆの濃い色にしたくなったり、薄い色に仕上げたかったり、私の気分次第。

a0258686_6563737.jpg


味噌汁は大根とワカメ

いつもは私の分も2杯分作るが、今夜は不要だったのでジャスト1杯分
なので、ちょっと量が多かったかな。

a0258686_657357.jpg


ごちそうさま。

下のアイコンをクリックいただくとランキングに反映します。
よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ


[PR]
by sobubu | 2015-07-23 06:57 | うちごはん | Comments(2)