タグ:ちょっと遊びに ( 25 ) タグの人気記事

洛北で京懐石

洛北で泊まった日の夕食です。
到着したのが食事の20分前だったので、食事の前の温泉に入ることなく夕食に突入。

先ずは先付け
奥に写っている献立の紙を忘れたので正式名は全て不明。
フグの湯引きに(息子に取られた)カニのかに味噌和え、サザエなど・・・・全て美味しい。
a0258686_79283.jpg

おっ、カラスミちゃんもあるぞ。
手前の干し柿の何チャラが特に美味しかった。

a0258686_7101452.jpg

続いて椀
ゆずの香りがふわぁ〜んと・・・・
でも、味が薄い・・・もう私の汚れた味覚からは薄すぎて「味がない」と思える程。

ここで出る汁が懐石の中では一番のお楽しみなのに。
バカバカ!自分の味覚のアホーと思ったのでした。
a0258686_710387.jpg


向付けはボタン海老に(多分)カンパチ、マグロにのれそれ
のれそれは穴子の稚魚だと思うが、太刀魚の稚魚だと聞いたことがあります。
久しぶりに食べました。

a0258686_711296.jpg

これは八寸かな。
ガシラと野菜の煮物。

かなり大きな器で来たのでちょっと引きました。が、美味しいいのでペロリ。
a0258686_712095.jpg

そして焼き物の代わりかな、のてっちり。この辺りからややフードファイト的になってきました。
私的にはフグの味が薄いように感じました。と、いっても滅多に食べないので分かっていないだけだと思う。

これまたポン酢が薄いぜ・・・・
薄いからたっぷり食べられるのかな。
a0258686_7121473.jpg

天ぷら
カニとかレンコン、菊菜っぽいの。
かには最初エビだと思い尻尾の部分をかじったら前歯が折れるかと思ったわ。

a0258686_7135311.jpg

酢の物。
うまい!

a0258686_7142039.jpg

ところで、息子のお茶碗がめちゃくちゃ気に入って思わずパチリ。
写真ではわかりませんが、とっても薄い茶碗なのです。

これ欲しい・・・・。どこで売っているのか聞けばよかった。マジ欲しい。

a0258686_7144593.jpg

そして、最後は百合根とサツマイモのご飯に赤だしやちりめん山椒。
ご飯にの中央のある黒いのは京料理の黒くて塩辛い納豆です。

味は昆布の佃煮のような味わいでした。
百合根とサツマイモのご飯は家でも真似できそうです。
今度作ってみたい。
a0258686_71518.jpg

水菓子はフルーツと紅茶のゼリー

このゼリーがなかなか美味しくて、3人分を全部もらって食べました。
a0258686_7152580.jpg

ところで息子のメニューは、お作り以外はお子様ランチ
プリンやフライには全く手をつけず。

a0258686_716072.jpg

さらにうどんもあったのに、これまた手をつけず。
失礼なので、頑張ってみたものの、無理でした。

a0258686_7162422.jpg

これだけ食べたらお酒は無理です。
この後はお風呂に入って、友人と2時ごろまで他愛のない話をしました。

もう30年来の友人なので遠慮とかはゼロで、かといって「楽しいね〜」とかもなく、フツーより普通すぎる感じでした。



ポチッとクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ

そして翌朝の朝食は・・・・
[PR]
by sobubu | 2015-02-03 07:20 | そとごはん | Comments(1)

洛北のあと

a0258686_21132563.jpg

洛北から滋賀へ行ってきました。

夕方には帰宅したものの、買い物へも行く気になれずカレー
洛北では懐石料理を食べたので、口は単純な味を求めている。
たこ焼きなんかのソース系もいいな・・・なんて。

で、結局カレー。
それも味噌汁を作るように、雪平鍋で豚バラと玉ねぎに人参を水から煮てルーを入れただけの。
ルーはもちろん箱のカレールーです。

子供の頃に食べたような素朴な懐かしい味だ。

ん!オイシイ
a0258686_21123623.jpg


トップの写真。
今朝起きたら雪が薄っすら積もっていました。

この後は更にシンシン降ってきて、朝風呂の窓からの景色も最高でした。
裏は小川も流れています。
a0258686_21194356.jpg


朝食では庭の枯山水を見ながら朝食を頂きました。

a0258686_21212178.jpg


そしてチェックアウトして琵琶湖バレイヘ

先週1週間も怒涛の如く忙しく、半日働いて3時に出たら到着したのは6時前。
夕食の時間である20分前だった。

それでもつかの間の温泉と美味しい料理で少しだけのんびりできましたが、車の運転等で今日はやや疲れ。

なので早く寝ます。
続きは、また明日♪


a0258686_21341687.jpg


ポチッとクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
[PR]
by sobubu | 2015-01-31 21:26 | うちごはん | Comments(0)

熊野へ

さて、私のお盆休みはというと最終日に花火に行った以外はいたって普通というかのんびり家事などをして過ごしました。
(これこそ私にとっては非日常なのです)

しかし最終日の花火は人生でトップ3に入る程の過酷な1日となりました。
まずは事前情報として9時終了の花火大会ですが、車で行っても電車で行っても当日中に町を出るのは不可能な程の混雑であるということ。

電車:単線
車:43号線片道一車線
そこに18万人程の人が詰めかける訳です。(白浜でも11万人)
よって花火終了後には凄まじい混雑となる訳です。

電車の場合ホームまで並んで最低3時間はかかり、車は規制のため出せるのが12時だって。
よって、車&電車の混合に。
大阪から車で出発し手前の尾鷲まで車で3時間半、ここで電車に乗り換え「熊野市駅」まで40分
ここから1kmほど歩くと花火会場である海岸ですが遊泳禁止なのでタクシーに乗って10分の大泊海水浴場へ。

それでもタクシーから降りて砂浜まで辿りつくのにめちゃくちゃ大回りして徒歩20分

この時私が持っていた荷物
20Lのクーラーボックス、財布などの入ったかばん、水着や着替え、バスタオルなどが入った大型バック。
そして道路がメラメラする程の暑さ+雨が降るらしく激しい湿気

死ぬ~!

なんでクーラーボックスなんぞを持って行ったかというと「何も買う所なんてない」という間違った情報入手による。
(普通に美味しい食べ物を売っているところはわんさかあった)
とりあえずレジャーシートを敷いたら浮輪を膨らませ速効海へダイブ(お風呂の水風呂感覚です)
a0258686_8205781.jpg

息子は打ち寄せる波にテンションマックス!
それを見れば私の苦労は報われるという ものです。

そして夕方には花火大会へ向かうため元来た熊野市の浜まで徒歩で40分(3キロ)
もちろん荷物をキャリーに乗せてゴロゴロ

途中でこんな鬼が城トンネル(約600M)というものを抜けます。
結構恐い・・・昼間でも1人では通る勇気なし。
a0258686_8213965.jpg

何がしんどいって、大会の浜辺まで戻るのに50段程の絶壁の横にある階段と歩道橋を渡る階段。

ホンマに死ぬって・・・。
で、花火大会は5人で1万円もする枠のチケット(と言っても畳み2畳程の砂利石の上にビニールシート)に大人2人に子供2人の4人。
全員で計4区画の20人弱。

奥は凄い人ですが、左も同じぐらいずーーっと人人人。
a0258686_822515.jpg

しかし、花火は素晴らしかった!
1万発ということで、場所も目の前で花火が上がるたびに地面が揺れるような感じでウーハーが効いています。
息子は「うお~!」とビックリしていました 。

目の前で大きすぎてカメラに収まりません。
それでもこのサイズ以上の花火がバンバンあがります・・・が私のカメラと技術では撮影できませんでした。
a0258686_8241366.jpg

ちなみに、この花火大会はユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部で日本百景に選定されている場所の一部である鬼が城からも花火が上がります。

すごいです。
そして帰りは同じ道のりを逆に。

ちなみに電車は3時間も並ぶなんて無理なので、先に帰りの電車の指定券を買っておきました。それでも11時発だけど(汗)
普通電車で帰る人たちは競歩のような速さで駅に向かっていましたが、それでもすでに1キロ程の行列ができていました。

この日の皆の感想は「大変」だったことにつきると思う。
でも「この辛さが逆にいい思い出になるよ」という落とし所を見つけなんとか納得した次第です。

でも友達がポツリと「白浜でよかったんちゃう?」
確かに白浜だと浜辺で泳いでそのまま夕方から花火大会が見れます。
しかもタダですからタダ

もう少し近ければ毎年でも行きたいところですが、やっぱり遠いですね。
ちなみにせっかく熊野に来たのに、観光や地元の美味しいものは一切食べられなかったのが残念でした。

ところでこちらで乗ったタクシーの運転手さんや海の家の人と少し話をしましたが皆さんとってもいい人で優しかったです。
地域柄なのかもしれませんが何だかとてもいい人たちでした。

ただ、海水浴客はタトゥーや入れ墨率がびっくりするほど高かった。何で?
でもガラの悪さはあまり感じられなかったけど・・・。

彼ら(彼女ら)を見て、あと20年もしたら病気になってMRIなどの撮影は大丈夫なんだろうか・・
なんて考えてしまうおババの私なのでした。

帰りは11時の電車に乗って家に着いたのは5時前。
素晴らしくハードな長い長い1日でした。

で、翌日のお昼は息子と回転ずし。
息子も私も飢えていたのか一気に取りすぎです。
a0258686_826996.jpg

a0258686_827279.jpg

息子とあと何度遊びに行けるのかと思うと、いつも「何処かへ一緒に行こう」と思うのです。
息子が一緒に遊びに行ってくれない年頃になったら、その後は思い出の写真なんぞを見てのんびり過ごそうと思う。

子供時代は親にとっては非常に短い時間なのだ。


ポチッとクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
[PR]
by sobubu | 2014-08-20 08:27 | その他 | Comments(13)

ホテルでの2日目の食事

先週の京都、滋賀旅行の続きです。

これは翌朝の朝食
目覚めて何もせずとも和食の朝ごはんが食べられるって幸せ~♪
a0258686_6271552.jpg


でも、昔は朝食に生卵が定番でしたが、いつのまにか出なくなりましたね。
「出して」といっても出してくれません(ここでは聞かなかったけど)

やはり食中毒が怖いのでしょう・・・残念。
生卵もないし、朝一に息子に腹立つことがあったのでここでは軽く1膳のみ。

鯵は普段食べませんが、ここの鯵はとっても美味しかった♪
a0258686_6284473.jpg

あとは焚き合わせに、きつねうどん。
ここのお料理は出汁がうまい!なので、全ての汁気のある料理がぜーんぶ美味しい!

a0258686_630205.jpg

お昼前には白髭神社や、地元の大型スーパー、そして観光案内に載っていたが
「ん?なんじゃこりゃ」な高山ビレッジなるところを観光。

余りの何にもなさに紹介する意味なし・・・・

帰りに見かけた道の駅に寄ってみた。
a0258686_6311748.jpg

野菜なんかは殆どないに等しい状態だったが、「アドベリー」なるものの関連商品が多彩にあった。
アドベリージュースにアドベリーケーキ、ゼリーにジャム
a0258686_6315129.jpg

初めて聞いたので珍しく、アドベリーのロールケーキとジュースも買ってみた。
食べていないのでわかりませんが、息子曰く「ケーキめっちゃおいしい!」と絶賛。

未だになんなのか・・・

あとは鯖寿司も10種類以上ありました。
焼き鯖に〆鯖の棒寿司

鯖寿司は大好物ですが、食べれるのが私一人・・・
でもずっしり重い重量を考えると一人で間食はムリだと判断し泣く泣く諦めた。
決して安いものではなく、1本平均2,000円弱するので余ったら悲しすぎるもん・・・・
a0258686_6333665.jpg


あと琵琶湖特産の鮒ずしも売っていた・・・
結構なお値段ですね。

私は絶対ムリ・・・とりあえず記念にパチリとな。

a0258686_63474.jpg

その後、息子が「泳ぐ!泳ぐ!」とうるさいのでとりあえず目の前の琵琶湖へ

到着するとうれしそうに「どりゃぁぁぁ~!」と石を投げてテンション高っ!
a0258686_6371366.jpg

しかし、風が強く結構波があります。
ビビリの私は息子をがっちり監視しながら一緒に湖の中へ

透明で綺麗なんですが、1メートルも進めば胸の高さに・・・そこに波が来ると「もう、ムリですぅぅぅ~(私が怖い)」
でも、息子は水中眼鏡から見る小魚がものめずらしいらしく一向に出ようとしてくれません。
(アンタは浮いてるから楽やけど、わしゃアンタ(息子)の片腕を持ちながら踏ん張っとんねんっっ!)

も~っ、何で湖なのにフラットじゃないねんっっ!

なので最後は波打ち際で波と戯れていただきました。
それでも彼はとっても楽しそうでしたけどね001.gif

よかったね。

ポチッとクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by sobubu | 2012-09-24 06:45 | そとごはん | Comments(0)
a0258686_15123367.jpg

火曜から1泊2日で京都旅行へ

息子が1歳のときから、夏になると毎年行っています。
要はホテルのプールで息子を思う存分泳がして遊ぶのが目的ですが、
今までは「京都のオムレツ食べるホテルはいつ行くの?」や、「プールのホテルは?」と聞いてきましたが、
今年は「ウェスティンに行くのはいつなん?」とハッキリ聞いてきました。

うちには田舎もなけりゃ帰る「実家」というのも無いので、適当な日を見て近所で1泊しています。
一度淡路のウェスティンにも行きましたが、イマイチだった・・・何が?という訳ではなくなんとなく・・・。

あと、神戸のオークラに泊まったときは、そのプールの雰囲気が庶民の私たちには居心地が悪かった。
だって、7~8人の従業員がプールサイドに居て、場所を移動するたびにフカフカの大きなバスタオルを敷きに来てくれたり、
プールサイドで食べ物を注文してもデッカイ銀のフォークが出てきて、小さな息子が自分の顔よりデカいフォークでフライドポテトを食べ、ポロリと落としてもサッと取りに来てくれたり・・・
なんだか「見られている」感がすごくあって落ち着かなかった。

しかも3歳位の女の子を連れているお母さんは、つばの広い黒い帽子に黒い水着、ヒールが10㎝以上ある黒いサンダルの全てがシャネル。
前を通るだびにハハ~ッとしてしまいそうだった。

なのでそれからはずっと京都のウェスティンがお気に入り。

今回は平日だったのでスーペリアルームからエグゼクティブにランクアップしてくれてラッキーだった♪

チェックインは3時ですが、まずは市内をウロウロするのに9時には出発
1時間と少しであっという間に今日と到着。
a0258686_155843.jpg

まず向かったのは西京漬けの老舗「一の傳」
息子が小さかったときは楽天でよく買っていましたが、いかんせん高級なので最近はめっきり遠ざかっておりました。

ここの西京漬けはサイコーに美味しい!
で、銀だら630円。
a0258686_15153711.jpg

今回単品ではなく、写真の5切れじゃなく6切れ入った3,000円のを1つと、鯖の味噌漬けを2切れ購入

店頭だと送料も要らないし、10%引きになってお得でした♪
しかも詰め合わせだと、余った白味噌で豚肉や鶏肉を付けて2度楽しめるのです。ははは。

その後は、そばにある錦市場へ
上部はお漬物

味見したみょうががピカいちだったので購入。
息子には大根ね。
下は息子撮影
冷やし飴と何だろう・・・分からない京野菜

a0258686_1534019.jpg

焼き魚
これは鯖かな?(以下全て息子撮影)
a0258686_15372310.jpg

買おうか一瞬思ったが、値段を見て購入断念。
なんとなく300円も出したくない感じ。

でも、今思えば美味しそうじゃないですか!飲めばよかったわ。
a0258686_15384466.jpg

左から時計回りに「タコの子」「あさり」
どうやって撮ったのか??なレジ写真
そして、金魚やブロックのお菓子。

息子は毎年この旅行に付き合ってくれているCちゃんにブロックのお菓子を買ってもらっていました。

a0258686_15405964.jpg

途中お祭りなのかな?山車が出ていました。

唐辛子屋さん
綺麗なお店でした。
右下はぶどう豆・・・はじめて知ったわ。
a0258686_15541870.jpg


おまけ
これ・・・何の興味を引いたのだろう。

a0258686_15574233.jpg


ポチッとクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by sobubu | 2012-07-27 07:02 | その他 | Comments(0)