ピーマンにんにく醤油炒め

a0258686_00140388.jpg

かな〜り前、コメントに「いつもポジティブ(そんな表現だった)ですが、悩み事とか無いんですか?」と言われたことがあります。(コメント返信しなくてすみません・・…いやすべての人に謝っておこう)

「そんな人間おらんやろ」と、その時は思ったが、基本人より打たれ強いのでウジウジとか考えたりしない・・・でも気づかぬうちに身体に出るのか眠れないというのは常である。ただ、数年に1度少しだけ虚しくというか、悲しい気持ちになることが。

例えばきのう・・・

10時前に最寄り駅について、家に食べるものがなく、でも空いているスーパーは終わっている(食品の品質が)状況で、息子に「食べに行こう!」と言っても「なら、インスタントラーメンでいい」などと言われ、「ならば業務用スーパー!」ってことで寄ったものはいいが、サラダ油やらビール、缶詰等を買い、業務用スーパーなのに4,000円も支払い、「重い!」しかも雨だけど両手が塞がっているのに傘がさせない。

仕方ないので、濡れながら帰宅の途に着くためトボトボ歩いていると無性に虚しくなってしまった。

でも、「遅いから」と、パックのご飯を買ったものの、やはり息子を待たしていると思うと「米ぐらい炊けよ」と思い直し最低限のものを作る。

「遅くなってゴメンやで〜、今日はから揚げやで!」というと「よっしゃー!」という言葉が返ってきて一瞬で虚しさは吹き飛ぶのですが、小さいことで思い通りにならないコトが重なると腹が立つというより悲しくなってしまうのだ。

でも、簡単でも一応ちゃんと手作りのご飯を作ることができれば、「よしっ!」となり虚しい気持ちは瞬時に吹き飛ぶ。

ま、内容はザツい夕食です。笑



「から揚げやで〜」と息子を喜ばせた今回は、竜田揚げにしました。
ご飯に会うおかず。
a0258686_00375764.jpg


アップで。
カリカリに揚っています。
a0258686_00385620.jpg

そして、ピーマン8個をにんにくとオリーブオイルで炒めました。
今の時期のピーマンは甘くて美味しい。

〈材料〉
ピーマン 2袋(パプリカは残り物)
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩胡椒 適量
しょうゆ 小さじ1/2

〈作り方〉
1 みじん切りにしたにんにくとオイルをフライパンに入れ香りが出るまで炒める。
2 火を強火にしたら千切りにしたピーマンを入れ塩胡椒を振り一気に炒める
3 ピーマンがシャキッとしている状態で醤油を回しかけ完成。

ピーマンは余熱でかなり火が通るので、ちゃちゃっと炒めるのがコツ。
これを作るようになって息子はピーマン嫌いを完全に克服した模様。中途半端に料理に入っているより、ダイレクトに行く方がいいのかも 笑
a0258686_06535459.jpg



ストックしてある昆布とカツオの出汁が濃いのと、玉ねぎの甘みでご飯のおかずになるお味噌汁です。

ご飯はもちろん炊きたてのミルキークィーンです。
a0258686_00421431.jpg

デザートは会社の女子から頂いた熊本の黒小玉。あま〜くて最高に美味しい!
ありがとう♩
a0258686_06415607.jpg



ごちそうさま。



よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓



人気ブログランキング




レシピブログに参加中♪
















[PR]
Commented at 2018-06-07 23:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by sobubu | 2018-06-07 06:59 | うちごはん | Comments(1)