人気ブログランキング |

2019年 04月 04日 ( 1 )

いわしのつみれ




a0258686_07232207.jpg



ピカピカしたいわしを見かけると、調理方法も考えず「とりあえず何か作ろう」と、必ず買ってしまいます。大抵は今回のようにつみれにすることが多いのですが、梅干しと似ても美味しいしフライなんかも最高!

買ってきたいわしは身がやわらかいので手開きにして中骨や内臓を取りきれいに洗ったらしっかり水気を取って下準備。


所要時間5分程度。

つみれにするんだから「キレイ」にする必要はなし。


包丁で叩くのがいいけど、酒や生姜のおろし汁少々と片栗粉を入れたらフードプロセッサーで数十秒でたねは完成。

あとは汁にポトポト入れれば美味しくて栄養満点のいわし汁ができあがる。私が子供の頃にはいわし汁なんて食べたことがなく、これは大人になって料理本を見て食べるようになったものだけど、息子は小さな頃から食卓に上がっている。


ご馳走ではないけど、ひと手間かかっているしいわしのおいしい出汁が出た汁は、しみじみ美味しい。

a0258686_07234083.jpg

これは息子の好きな酢のもの。

わかめも新鮮そのものでたこもピカピカ。


今回きゅうりはブツ切りにしてみた。

a0258686_07270752.jpg

近所の魚屋では小ぶりのたこが売っているのですが、このたこがとっても美味しいのだ。お店の奥さんも「うちでもたこはこのたこじゃないとダメなんです」と言っていたぐらいでその美味しさは太鼓判。


茹で加減も絶妙

a0258686_07272165.jpg


小松菜の醤油麹炒め
小松菜はいつも安定の安さだし、息子も青菜の中では一番よく食べる。

醤油麹はマイブームで、何でもかんでも入れてます。
a0258686_07281359.jpg

醤油麹





メインは息子のハンバーグ
マツコの知らない世界で紹介されていた石垣島の自然と共生するオーガニックファーム やえやまファームのあぐー豚のハンバーグ。

過去の記事はこちら クリック

肉汁がホントすごくてブッシャーという感じ。

おかずが沢山あるので1個しか焼きませんでしたが「これ1個しかないの?」と聞かれ、残念そうにしていました。

美味しいからまた買いましょう

a0258686_07273320.jpg




金京徳 白磁 大鉢 ヤマボウシ φ210mm




木工房玄 高塚和則 くるみ オーバル皿






ハンバーグを一つにした理由はこちら
鮪を買ったから・・・

魚を買いに行くと必ず「これ、めっちゃエエまぐろやから買っていけ」と勧められるので、つい買ってしまった。切り落としだけど、とっても美味しいまぐろでした。
a0258686_07275996.jpg



ごちそうさま。




よろしければ1日1回ポチッとクリックいただくと嬉しいです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキング



レシピブログに参加中♪
























by sobubu | 2019-04-04 08:36 | うちごはん